女の人

ほくろ除去治療に関する保険やアフターケアについて確認しよう

術後のケア

レディー

ほくろ除去の治療は、適した施術を受けることもさることながら、適したアフターケアの可否が成果を分けると言っても過言ではありません。施術直後は患部が腫れるような状態になっていたりしますが、それは仕方のないことなのです。アフターケアに気を配ることによって、ほくろの存在を全く感じさせない治療結果が得られるのです。まずは、ほくろの除去治療直後に訪れる症状について確認してみましょう。特に多くの方に見られる症状としては、赤みです。ほくろが存在した患部が、施術によって赤くなっていることが術直後には多く見られます。治療の方法によって赤みの見え方は異なってきますが、特に強く赤みが出る治療方法はレーザー除去であると言われています。この赤みは、いつまでも残るわけではありません。時間とともに徐々に薄れていきます。アフターケアをしっかり行なうことで、よりしっかりと赤みを消すことができます。

また、ほくろ除去の後に黒っぽいシミができることがあります。その原因は様々ですが、大きく三つの原因があるとされています。一つ目のケースは、ほくろが除去しきれていない状況です。ほくろによっては一回の施術で除去できず、複数回に渡って治療を行なうことになる場合があります。その際には、ほくろが除去できるまで黒ずみとなって残ります。二つ目は、ほくろが再発している状況です。その際には、施術からおよそ一か月後にその症状が見えてきます。三つ目は、レーザー焼けを起こしている状況です。これはレーザーを用いた施術を行なった後であらわれる場合があります。これらの症状はアフターケアにて刺激を与えないよう心掛けることが大切です。

ほくろの除去治療を行なった後は、適切なアフターケアを行なうことが大事です。では、適切なアフターケアとは一体何なのでしょう。その具体的な内容をお伝えします。最も大切なのは紫外線への対策です。患部に対して紫外線が当たると最終的な結果が悪い方向へ傾いてしまいます。ケアのためには、専用のテープを用いて患部をケアしたり日焼け止めクリームを用いてケアしていきましょう。日焼け止めクリームを使用する際に注意したいことは、紫外線吸収剤が含まれていないクリームを選択するということです。日焼け止めクリームによっては紫外線吸収剤が含まれていることがあります。これは予防効果が薄いものになるので適切なクリームを使用することが大切です。また、除去治療の後はクリニックから何らかの薬剤が処方されることが一般的です。用法容量を守ってそれらを使用することが、アフターケアとして重要です。